アメリカと日本におけるギャンブル依存症の問題:比較と課題

アメリカと日本におけるギャンブル依存症の問題

ギャンブルは、世界中で人々が楽しむ娯楽の一形態であり、多くの場合、娯楽やエンターテインメントとして提供されています。しかし、ギャンブルの中には依存症を引き起こすリスクがあり、その影響は個人だけでなく、社会全体に及ぶことがあります。本記事では、アメリカと日本におけるギャンブル依存症の問題に焦点を当て、両国の違いを比較しながら、その課題と対策について考察します。

アメリカにおけるギャンブル依存症

アメリカでは、ギャンブルが歴史的に広く認められており、カジノや競馬場、宝くじなどの施設が存在します。特にラスベガスやアトランティックシティなどのギャンブルの中心地では、24時間体制で様々なギャンブルが提供されています。このような環境下で、ギャンブル依存症が増加しており、個人や家族に深刻な影響を与えています。

アメリカでは、ギャンブル依存症に対する認識が高まっており、各州でギャンブル依存症治療プログラムや支援施設が提供されています。また、アメリカ精神医学会(APA)や国立精神衛生研究所(NIMH)などの機関が、ギャンブル依存症の診断基準や治療ガイドラインを策定しています。さらに、NCPG(National Council on Problem Gambling)などの団体が、ギャンブル依存症の啓発活動や支援活動を行っています。

日本におけるギャンブル依存症

日本では、長い間、公営ギャンブル(競馬、競艇、オートレース、競輪)や宝くじ(toto、BIG、宝くじ)などが合法的な形で提供されてきました。しかし、カジノやスロットなどのカジノギャンブルは長らく禁止されてきました。そのため、アメリカのような大規模なカジノ施設は存在しませんでした。

しかし、2018年にカジノを含む統合型リゾート(IR)の導入が決定され、現在、IR施設の整備が進んでいます。この動きにより、ギャンブル産業が拡大し、ギャンブル依存症の懸念も高まっています。また、オンラインギャンブルやパチンコ、パチスロなどの違法なギャンブルも存在し、これらの形態もギャンブル依存症の要因となっています。

日本では、ギャンブル依存症に対する認識がまだまだ不足しており、適切な治療や支援が不十分な状況があります。しかし、近年、政府や関連機関がギャンブル依存症対策に取り組む動きが強まっており、啓発活動や治療プログラムの充実が進んでいます。日本では、公益社団法人ギャンブル依存症対策推進協会などの団体が、ギャンブル依存症対策に取り組んでいます。

アメリカと日本の違い

アメリカと日本のギャンブル依存症の問題にはいくつかの違いがあります。

  1. 文化的な違い: アメリカでは、ギャンブルが広く社会に浸透しており、カジノや宝くじなどが一般的です。一方、日本では、ギャンブルが比較的新しい文化であり、カジノなどの施設は導入が進んでいますが、まだ一般的ではありません。
  2. 法的な規制の違い: アメリカでは、各州がギャンブルに関する法律を独自に定めており、カジノや宝くじなどが合法的に提供されています。一方、日本では、長らくカジノなどが禁止されていましたが、近年、法改正により導入が進んでいます。
  3. 啓発活動の差: アメリカでは、NCPGなどの団体が積極的にギャンブル依存症の啓発活動を行っていますが、日本ではまだそのような団体が十分に活動しているとは言えません。しかし、日本でも最近ではギャンブル依存症対策の取り組みが強化されています。

ギャンブル依存症は、アメリカと日本の両国で深刻な問題となっています。アメリカでは、長い歴史の中でギャンブルが広く認められ、対策が進んでいますが、日本では新たな形態のギャンブルが導入される過程で、対策の整備が必要です。両国が相互に経験を共有し、最善の対策を講じることが、ギャンブル依存症の問題解決に向けて重要です。

依存症の回復のために

依存症の回復のためには、社会のサポートが非常に重要です。依存症は個人だけでなく家族や社会全体に影響を与える問題であり、その回復には包括的な支援が必要です。以下では、依存症の回復のための社会のサポートについて詳しく説明します。

  1. 自助グループへの参加: 自助グループは、依存症の患者やその家族が集まって経験や感情を共有し、互いに支え合う場です。例えば、アルコホーリクス・アノニマス(AA)やナルコティクス・アノニマス(NA)などの自助グループは、多くの依存症患者にとって重要な支援システムとなっています。これらのグループでは、他者の経験を聞くことで自分の状況を客観的に見ることができ、回復への希望を持つことができます。
  2. カウンセリングや治療プログラムへの参加: 依存症の治療プログラムやカウンセリングは、依存症患者がその問題を理解し、回復のための具体的なスキルを身につけるための重要な手段です。これらのプログラムでは、心理療法や行動療法などの方法が使用され、依存症の原因やトリガーを特定し、回復の道筋を作ることができます。また、家族やカップル向けの治療プログラムも提供されており、家族の関係を修復し、依存症患者の回復を支援します。
  3. 社会的サービスへのアクセス: 依存症患者は、適切な社会的サービスにアクセスすることで、住居や雇用、金銭的支援などの基本的なニーズを満たすことができます。これにより、依存症が社会的経済的な問題を引き起こすリスクが軽減され、回復のプロセスが支援されます。地域の福祉機関や非営利団体などが、依存症患者に必要なサービスを提供しています。
  4. 職業復帰プログラム: 依存症患者は、依存症の治療や回復期間中に仕事を失うことがあります。そのため、職業復帰プログラムは、依存症患者が社会復帰し、安定した職業を見つけるための支援を提供します。これには、就業支援やスキルトレーニング、職場への復帰支援などが含まれます。
  5. 地域社会の支援: 依存症の回復には、地域社会全体の支援が欠かせません。地域の住民や組織が依存症問題に対する理解を深め、依存症患者やその家族を受け入れ、支援することが重要です。地域のイベントや啓発活動、地域ベースの支援グループなどが、依存症の回復に向けた地域社会の取り組みの一部です。

依存症の回復には、個人だけでなく社会全体のサポートが不可欠です。自助グループや治療プログラム、社会的サービス、職業復帰プログラムなどのサポートを受けながら、依存症患者は健康的で充実した生活を取り戻すことができます。

就労移行支援事業所 キャリスタ 支援員

キャリスタ事業部長 辻

キャリスタでは精神障がいで働きづらさを抱えている方が「自分らしく働ける」ようにサポートを行なっています。
本サイトでは障がいや、就活に関するトピックを発信していきます。
ぜひ他の記事も参考にしてみてくださいね。

関連記事